隠れた中国の名所〜福建省(1)  2005                                        

中国最高の奇観と称される        客家族が生みだした独特な山村民居建築

世界遺産 武夷山風景区と客家土楼.厦門 5日間
                ぶいざん             はっかどろう    おもい

⇒福建省

   
⇒台湾

福建省概要                                                        

ローマ字表記   FUjian

省都         福州

位置         中国東南海辺、東部は台湾海峡を間にして台湾に臨んでいる

面積         121,400平方キロメートル

気候         亜熱帯海洋性モンスーン気候に属し、年間平均気温は17℃〜
             21℃、一番寒い1月の平均気温は、南東沿海部で10℃〜13℃
            内陸部山地で5℃〜8℃、一番暑い7月の平均気温は26℃〜29℃。


人口         3,440万人、 回、苗、満、高山族等の少数民族が住んでいる。

概要         省内は約9割が山地と丘陵になっているので、「東南の山国」と言う
             別名も付けられている。

            
華僑の故郷として、広東省に次いで多くの華僑を送り出している。

桂林↓

西安

⇒大連

↑敦煌

↓武威山

↓厦門あもい

夜8:40分(日本時間9時40分)厦門(あもい)国際空港径由地着乗り継いで武夷山へ(時間待ち)
22:25分発武夷山着23:25分(日本時間翌日の12:30分)12時30分ホテル到着
(夜中13時30分)

厦門空港待合室の飲料水給水場

真夜中の武夷山地方空港

初日の宿泊ホテル遠華大飯店

武夷山とは
約1億年前の地殻変動により隆起した岩山と
九つの湾曲した渓谷が美しい風景区です。
山水画の題材にもなるほどの山・水・緑が一体
となった風光明媚な中国の名所です。

山水画に成る(武夷山風景区)

岩茶畑(いわちゃ)
原木より挿し木で増やす。

前日の大雨で道路が決壊され手前の駐車場
より歩く(岩茶の原木を)見学に。
籠で如何ですか 60元(日本円約780円

歩いて歩いて1時間30分
上り坂疲れる。
雨に遭う

ハトに餌やって写真写し屋さん

水簾洞(すいれんどう)散策

落差100mの滝

地ビール 20元(260円)アルコール度2.4%
味薄いし冷えて無いしとても飲めたものでなかった。

昼食

いかだ下り出発地

竹製の筏でスリルー満点

20名4槽の筏で川下り〈9曲渓いかだ下り)

9曲渓

保安庁監視の元で(救命胴衣を身につけて
前日の増水で5m位の上の木にゴミが一杯付いていた。

もう1つの桂林と呼ばれる山水画の世界

筏下りを終えて

3姉妹岩
右長女・真ん中次女
左3女で妊娠している。

桂林の川下りよりスリール満点

1枚岩?
こういった
岩が一杯
有り。

入場料(日本円約1500円)

仏像

岩の間より6本の岩茶の原木と言われている。

この6本より年間30kgの茶を収穫されるそうです
10kg(約日本円300万円)政府の主席や首相に
献上されるそうです
???ほんとかな”””(樹齢350年との事)

この岩茶より挿し木して付近の岩茶畑が完成と言われている。

荷車で石を運び、ハンマーで石を割っていました。
日本人にこういった仕事指せれば皆 明日より
仕事に出勤しないだろう!!

2日目の夜食

武夷山空港

空港内のマッサージ器
6分20元(日本円300円)高い!!

約4.5mの引き潮に成るそうです。

集美学園<学園村) 華僑の陳華庚(ちんかこう)が建設した学園都市

公園内には幼稚園から大学まで寮つきで揃っているそうです。
朝は大挙拳で夜はダンスまで行はれる。

集合写真(学園都市内)

建設した(ちんかこう氏)

今は中国へ寄贈されている。

綺麗に咲き誇っていました。

天心景区ハイキングコース入口

大紅袍茶樹
6本の樹(樹齢350年)