no3  古代オリエントの郷愁と浪漫

   シリア
ヨルダン 2008年3月 

古代遺跡群を網羅。歴史を辿る

                   
                   
死海で浮遊体験!!


                  オリエント一帯は、
               人類誕生の時よりアフリカ
             とヨーロッパとアジアの三大陸が
           公わる場所として重要な位置を占めてき
          ました。人や物資、知恵や技術が交わるこの
       地域は多くの交易都市が築かれるとともに、ユダヤ教
     、キリスト、イスラム教といった高度な精神文化をも生み出し
   ました。この地域は世界でも有数な古代遺跡の集中地帯。石造遺跡
の壮大さを誇るとともに、異文化混合の結果として生まれた繊維華麗な美と
        崇高な精神性が至る所に散りばめられているのです。


死海で味わう 浮遊体験

塩分25%を越すと云われる死海では、通年で浮遊体験を楽しめる
ゆっくりとバランスを取って、ぷかりと浮いてみて下さい、そして湖底
の泥で元祖泥パック。自然の試せる面白さと驚きを体験!!

紅海↓

ヨルダンにある『死海』は、海面下400メートルという. 地球上で最も低い場  所にある塩水湖です。 (死海)と言う恐ろしい名前にもかかわらず、 約  4,000年も前から生命と癒しの・・・ 豊富な『死海の塩・ドロ』だとも
言われています。 死海の塩・・・

マタバ・聖ジョージ教会

ネボ山から15分ほど南下した所にあるマタバはモザイクで有名な街で、モザイクの技法を教える専門学校がある。教会の数も多いが、見学した聖ジョージ教会は566年に建てられたギリシャ正教会で、地図のモザイクで知られる。この地図に画かれたエルサレムは二筋の通りまで画かれていた。

シクは、大昔、地震によって岩山が二つに割れてできた道である。
入口手前にはダムが造られていた。
入口には後年ローマ人が造ったアーチの痕跡が残っている。

 この裂け目の道、シクを進むと、狭いところでは4mほどの幅しかなく、
両側と も高さ100m位の岩山が1.5km程の距離にわたって、えんえんと続く。
途中には、ナバテア人が岩壁に掘り込んだ水道の跡が随所に残る。
彼らはこの水道の技術を外部の人間には秘匿していたという。

さらに、岩壁に掘り込んだ祭壇、碑文、レリーフなどが残されている。
所々、ローマ人が造った舗装の石畳も近年発掘された。
石積みアーチの跡と水路の
掘り込みが見える

象岩

シクを抜けると突然視界が開け、眼前にエル・カズネが迫る。エル・カズネは岩山を彫り込んで造った神殿風の遺構で、高さが43m、幅が30mある。中に入ると部屋の奥行きが狭いので、建物と言う感じがしない。
  外観は2階建てになっていて、全体にギリシャやエジプトの影響が見られる。各階にコリント式の円柱が立ち、2階部分の中央にイシス、両側面にニケとティケ、その外側正面にアマゾネスの像2体が彫られている。なお、エル・カズネは宝物庫を意味するが、ベドウィンが宝探しをしても何も発見できなかったそうである。遺構は頂上から足場をつり降ろし、上部から堀込んでいったという。岩肌には足場のための穴が随所に開いていた。岩質は砂岩系統で軟らかいが、堀込んで造られたため極めて保存状態が良いのが特筆される

シクを抜けると
突然エル・カズネ
が見えてくる

光線の関係で
エル・カズネ
見え難い

村の、入り口に
門番!!

エル・カズネ 中を覗い視たら何もなっかた。

参加全員で集合写真

客待ちのラクダ

村の酋長

800段の階段を
登って
エド・ディル
に到着
往復1番に到着

神殿近くの混雑するレストランで昼食を摂った後、階段が800段ある坂道を登ってエドディルに向う。この急坂でも多数のロバが観光客を乗せて昇り降りしていた。エドディルは修道院を意味するらしいが、元はドゥシャラー神を祀ってあり、宗教的な行事が行われていた。建物はAD1世紀に建てられ、高さ42m,幅46mあり、ペトラ遺跡の中では最大である。ここから少し登った山頂からの眺めが良かった。

ここで少し休んだ後、一気に山を下り、
もと来た道を戻った。山裾はじめ
各所に馬車曳きや馬曳きが声を掛けて
くるが、皆自分の脚でホテル迄、
戻る。

ソコノケ、そこのけ
お馬が通る
馬やロバの糞尿
で臭かった。

ペトラ
ペトラの遺跡は、この旅行のハイライトであるとして、多くの参加者が期待する観光スポットである。若い参加者の一人は、映画「インディー・ジョーンズ/最後の聖戦」の舞台になった「岩の神殿」として興味を持ちこの旅行に参加したと言っていた

シクは、
大昔、地震によって岩山が
二つに割れてできた道で
ある。入口手前には
ダムが造られていた。

ペトラ遺跡に
一番近い
ホテルに宿泊

早朝ホテルのプールで

ガソリンは1リッタ70円
シリア・ヨルダン同じ位

シリアはイラクとの国境
付近に油田を持ってるが
政府は埋蔵量を発表して
無いそうです。

ガソリンスタンドは競争
無く、価格表も在りません

澄み切った青空

この道路は有事の際
飛行場に使用される

井戸です。
ラクダで,手動です。
 

イラクまで150km位
現地ガイド イッサさんです。イッサさんは私のことをサムライと
言ってました。和服、甚平,作務衣着たりしたら、侍だって。 

イッサさんと
今日でお別れ

シリア砂漠黄砂
噴いています。

ドライブインで
トイレ休憩

風車で井戸水を
汲み上げています

ドライブインで
簡易宿泊
出来ます

スーク(市場)

手の形のノックノブ

何かのイベント
気が付いて
シャッター遅かった

小さな室内に棺桶が二つ
並んでいます。
向こう側の木でできたものが
本物です。このなかに、
サラディンの遺体があると
いわれています。
これからサラディン廟とウマイヤド・
モスクに行きます。いよいよ聖域に
入ります。敬虔なイスラム教徒が
お祈りを捧げています。誘惑に
負けやすい男たちのお祈りの
邪魔をしてはいけないということで、
女性陣は美しい肌や髪を見せる
わけにはいけません。異教徒だから
といって「そんなの関係ない」というわけ
にはいかないようです
ダマスカス旧市街の西側の城壁に
沿った所にサラディン像があります。
先ほど訪れたヒジャーズ駅から
ほんの500メートル足らず東側です。
ダマスカスはイスラム第4の聖地
と言われています。
それもひとえに
ウマイヤド・モスク
があるためです

ホテルの厳しい
金属検地検査

預言者モハンマド生誕日で
3日間、ホテル、レストランで
アルコール自粛!!

私の、誕生日なのに!?

ホテルにて
迷惑かけたと
お詫びにフルーツ
届く。

早朝ホテル付近散歩中綺麗な噴水を発見(カシオン山バック)

カシオン山
(伝説では楽園追放
されたアダムとイブが
最初に降りたところ)

ボスラ遺跡 
ローマ劇場
2世紀頃のものといわれる
ローマ劇場パノマ。この地方で採取された
黒い玄武岩で造られています
舞台を正面から見る。
観客席は、5,000人収容。
ローマ劇場では中東最大。
劇場を囲む城壁。
ボスラ(街並み)
南浴場(ローマ風呂)。

シリア・ヤルダン
国境、写真禁止
車窓より撮影

ヨルダン現地ガイド
45分遅れで来る
車故障したので!!
(家族に送って貰う)

シリアより
ヨルダンは町が綺麗

PM14:30分
遅い昼食

柱列通りはローマ式の石畳になっていて、
所々に下水道のマンホールがあります。
現在でも下水の完備していない町が
あるというのに、A.D.100年頃に
下水道があったと言うだけで驚きです。
この写真はマンホールの蓋で当時の
かなり高い生活水準を物語っています。

この写真は柱列通りに残って
いる輪だちの跡です。
重い荷車や馬車が相当に行き
交っていたのでしょう。硬い石の
舗装道路にこのような跡が
刻まれています。古代ジェラシの
当時の繁栄を物語っています

ニンフとは半神半人の妖精の名前で、ニンフに捧げるため、A.D.191年に造られた泉の跡がニンフェニウムで、半円形のドームの屋根がついていたと考えられています。建物は二層の構造になっていて、一層部分の壁にある穴から水が噴水のように流れ落ち、さらにその水を一層の床部分の池にため、基礎に施されている穴から噴水として流れ落とすという構造になっているようで、相当に凝った作りの噴水です。完成した当時は壁に上張りや装飾が施されていたようですが、これは残念ながらはげ落ちて残っていません。

ジェラシの遺跡の最大のハイライト
がフォーラムから町の北門まで続く
約800mの柱列通り
(カルド・マキムス)です。
古代ジェラシのメインストリート
だったのでしょう。この通りに面して
大聖堂、教会、マーケットの跡などが
残っています。柱列も現在約500本が
残っていて、古代ジェラシの面影を今に
伝えています。柱は写真ではわかりにくい
のですが、コリント式です。
この通りはA.D.100年から
200年にかけて建設されました。

ジェラシは古代ローマの町の遺跡で、
ペトラと並ぶ最大の観光スポットに
なっています
ヨルダン ジェラシ

より町並み写す

(凱旋門)

ジェラシの町の入口に建つ凱旋門です。この凱旋門はA.D.129年にローマ皇帝パドリアヌス帝のジェラシ巡行を記念して建設されたものです。この門をくぐると左手にピポドローム(戦闘用の馬車の競技場)の跡があります。ローマ時代にはこの競技場で、映画の「ベンハー」のような戦車競争が行われていたのでしょう。

競馬場跡

南門)

凱旋門から500mほど進むと
南門があります。ここが
古代ジェラシの町の入口になって
いて、A.D.1世紀頃に建設された
ようです。この門は町を取り囲む
城壁に築かれた4つの城門の一つ
です。形は上の凱旋門と良く似て
いますが、こちらの方が古く、
凱旋門はこの南門を原型としています

(フォーラム)

南門から約100m歩くと、56本の
イオニア式の円柱が取り囲まれた
卵形をしたフォーラム(広場)に出ます。
この広場の保存状態は非常に良く、
石灰石のタイルで中心に向かうほど
小さなものをはめ込むような形で
舗装されています。この広場は
、宗教的な儀式や市場として
利用されていたのではないかと考え
られています。

観光客むけに
演奏していました

柱列通り

Wさんと乾杯
ユーラシアの
ささやかな
サービスで
3日ぶりの
誕生会!?

本日ホテルにて
結婚式!?
準備してあり

アンマンの
メリディアン
ホテル

これはヘラクレス神殿
ギリシア式に作られた
ローマ劇場

何故か車両置き場に

国立考古学博物館
アンマン城
アンマン城砦
とローマ劇場
写真が頂上に残る要塞の遺跡です。
ここには古い柱と舞台のようなフロアー
が残っていて、ここでサロメがヘロデ王
の前で美しい舞を舞い、そのほうびとして
、聖ヨハネの首をもらった所だそうです。
この山の中腹には聖ヨハネが投獄
されていたという牢獄の跡が残っています。
国立考古学博物館
マタバ・聖ジョージ教会

世界最古のパレスチナ
の地図の一部(実物)


実物のモザイク画

ヨハネ・パウロ2世の記念碑

ヨハネ・パウロ2世訪問時の写真

現地ガイドに
正式な被り方
に!!涼しいです

待ちに待った
死海が間もなく

死海の海水浴場
若者が踊ってます

海水浴場の
プールです

広い広い死海

準備万端の死海での初浮き、ゆっくり新聞でも読むか!!

Wさんに最初に
新聞を持たせて
写真を写してから
私の番、新聞少し
曲がっていたので
綺麗に!!
言い訳無用ハイハイ

苦労も無く
簡単に浮きます

先ずは、平泳ぎを
口をしっかり閉めて

横泳ぎ

背泳をやって
ます水中眼鏡
を忘れずに

綺麗の浮いています。15分ほどで上々に痛みを!!

海底は岩塩の岩で
そっと歩くこと注意

怪我でもしたら
シミルから

岩塩が一杯、 海水をペットボトル3本に入れて持ち帰る。

泥パックの元祖
海底には泥は無い

2ドル出して塗って貰う

泥落すのにタオル準備
心配無用直ぐ落ちる

皆さん同行者です、お似合いです

殆んどの人、お尻や、・・・が痒くなって来てるはず。

僅か,1時間位の
滞在時間でしたが
童心に返って
楽しかったです

始めは1時間不満
でしたが、1時間で
十分です

泥パック屋さんの
泥を、タッパに
入れて持ち帰る

僅か、15分位の
泥パックですが
1週間位、肌が
ツヤツヤしていました

早朝散歩時

アカバ湾
船舶

紅海です

3国がかかわる
エジプト、イラク、ヨルダン

ヨルダンの国旗

警備厳しかったです

アンマンの
「メリディアン」ホテル

シャワーのみの
ホテル

殆んどイスラム教徒
なのに、羊の肉販売

午前中自由時間で
街を散策

紅海
オープションで
ボート遊覧行った人や
街へ買い物に行った人
さまざま


本日の為替

ワディ・ラム
ベドウイン・キャンプ

ベドウインのテントの中は、
クーラーこそないものの
日陰で穏やかな風を
感じながら昼事を・・・

缶ビールが
8ドル・・・
高い、不味い

テントで宿泊も
出来ます。
夜はキャンプファーイヤー
で!!

覗いてみたら
けっこうお客さん
いました。

バス、ストップ
あとは、
4WDのジープで
アラビアのローレンス
の気持ちで・・・

これで砂漠を走る(トヨタ)

この子、年齢15歳
一家で(4人家族)で
営業!!怖さ知らずで
砂漠を飛ばすの飛ばすの
怖かったです。
  

何か悪戯みたい

この乾き切った
土地で羊の群れ
何を食べている??
遊牧民かテント一杯
張ってありました。

実在の英国陸軍将校
トマス・エドワード・ロレンス
率いた、オスマントルコからの
アラブ独立闘争を描いた
歴史映画であり、戦争映画
ある。映画史に燦然と輝く、
不滅の大金字塔である

早朝散歩後
プールで写す
日昇ってから
バックの景色
綺麗でした。

今日は1日中
ペトラ大遺跡を
歩いて観光で

トルコの岩見たい

オベリスク墳墓 
ペトラ遺跡(ヨルダン)
このぺトラ遺跡は19世紀前半、
スイス人イスラム学者によって
発見されたものだが、
たいへん謎の多い遺跡である。
まず、この遺跡を築いた
ナバタイ人というものがよく
わからないらしい。もともとは
砂漠の遊牧民であったが、
交易の要衝をおさえ、隊商の
保護を保証する代わりに税を
徴収して財政をまかなうように
なったと考えられているようだ。
このナバタイ人の国の首都で
あったのがペトラで、1世紀から
3世紀くらいまで商業や交通の
要地として、また神聖な場所
として栄えたらしい。カズネ・
ファルウン(ファラオの宝物庫)
やエッディル(修道院)などを
はじめ、ペトラの
建造物は基本的には岩を
掘ったり削ったりしたものであり、
何の目的で作られたかも
はっきりしないものが多い。
黒玄武岩を使って建てられた、アズラク城。右側に見えるのはマムルーク時代に建てられたといわれるモスク。
3世紀頃のローマ時代に
戦略上の重要拠点と
して要塞がたてられた、
アズラク城
元はローマ時代に建てられたらしいが、
その後イスラム王朝の支配者たちが
刈りや軍事遠征の拠点として利用して
いた。アラビアのロレンスがアラブ人を
率いてオスマン帝国を相手に戦った際
、ここを実際に拠点としたことから
、「ロレンスの部屋」が残っている。

石の扉
今も健在

アズラク・ロッジで
昼食

今でも
レストラン
軍隊が関係
若い店員
店員沢山
居ました

レストランにしては
立派過ぎる建物

現地ガイド
お祈り中

元イギリス軍キャンプ跡
のロッジ。

アンマン空港

ドバイ空港の
ラウンジで
3時間寛ぐ

乗換えで
5:30分待ち
ラウンジで
くつろぐ。

ドバイ国際空港


ヨルダンよ
さらば又来る日まで
大きな十字架が見えてきます。
蛇が巻き付いている様子を
表しているようです。

モーセが死んだ場所
ネボ山からの眺め

訪問前にアラビア語覚えましょう

1、こんにちは (1日中使える)  アッサラーム・アレクムー(返事) ワーアレクム・アッサラーム
2、有難うーシュクラン    如何いたしましてーアフワン
3、何処から来ました(日本)  アナメン・ヤバニ(シリア→スーリア/ヨルダン→オルド)
4、いくらですか     ビキャム(ハタ)?
5、高い          ガーリー
6、負けて下さい    ハセム!
7、ビール         ビラ
8、コーヒー       カフワ
9、紅茶         チャイ
10、水          マイ
11、お湯        マイヤ・ソフナ/  お湯を入れてください / マイヤ・ソフナ・メル・ファドラック
12、乾杯       サッハ!
13、数字 1−ワハド  2−イトネン  3−タラタ  4−アルバ  5−ハムサ  6−セッタ
   7−サバ  8−タマニア  9−ラサ  10−アシュラ
      

6日目

7日目

8日目

9日目

10日目

11日目

12〜13日目