テレビ画面の飛行地図見て過ごす
辛い辛い11時間30分の飛行
パリ・シャルルルドゴールで乗り換えて帰国
なんぼ岩場と言っても良くぞ作ったものだ アッパレ・・・
ケーブルカー18人乗りだったかナ~
ローザンヌホテル
スイスは会社や一般家庭に花が飾って在り
グリュイエール「チーズ工場」

昔の水くみ場今も枯れずに出ている、飲んできました

有名人が昔住んでたアパート

通りの地下商店

現在は熊3頭居るそうです

この後雨が強く降りハイキング中止にする

ウイスキーの樽、氷の宮殿
慌てて走ったり大声を出すのは避けましょう(急性高山病の引き金となるため)。注意
ツェーリンガーの噴水
スイスの国旗
氷のトンネル、場所によっては滑ります
装飾かとも持ったら本当の暖房でした、チョット変わってませんか?
ホテルのレストラン
ゆったりスイス周遊12日間 完結
変わった車
グリンデルワルドホテルの部屋より
アレッチ氷河

モンブランを眺めイタリア側のエルブロンネ展望台へ氷河の谷を渡るゴンドラの空中散歩は圧巻。

シャモニー
街に降りて来ました
イタリアのエルブロンネ展望台
モンブランの麓にある標高1036m
レマン湖を見下ろす高台にあるミュージアム
近代オリンピックの父、クーベルタン男爵が国際オリンピック委員会(IOC)の本拠地としたローザンヌ。
オリンピックの理念を世界中の人に伝えたいという彼の意志を受け継ぎ、1993年に開館したオリンピックの殿堂
オリンピック・ミュージアム
ワインづくりの長い伝統と歴史を評価され、
2007年に文化遺産として登録されました。
果物が一杯
アレッチ氷河
アルパインセンセーション 
設計者アドルフ・ツェラー
ユングフラウヨッホ内には、なんと郵便ポスト
があります。これは世界一高所にある
アイガー (3970m) の北壁です。
「氷の宮殿」
ユングフラウ (4158m)
アイガーが見えています。アイガーは霧のかかることが多いのだとか・
人喰いの噴水
もう一つベルンの街で特徴のあるのが「連邦議会議事堂」。ブンデス広場と呼ばれる広場にはスイスの州と同じ26の噴水があり

酸素不足か?頭が痛いと言うかクラクラする感じでした


幾ら岩場と言え良くぞ高い所に作ったものだ

此れから上まで3,842mまでケーブルカーで登ります

ブドウ畑

スープ美味しかった    ユングフラウヨッホを望む絶景レストラン

外は雪が降ってました

ゆったりスイス周遊12日間

no4 (swiss)     2016年8月
1218年から時を刻んでいる「時計塔」。市民にツィットグロックの愛称で親しまれています。
毎時、仕掛け時計は動き、その間は4分間
ベルンの中心街であるクラム通り。有名な「時計塔」と手前には、「ツェーリンガーの噴水」があります。
スイスの首都ですが、こじんまりした町です。路面電車やバスが走っていますが、
駅からバラ園までは十分に徒歩圏内です
“落ち着いた町”
旧市街が世界遺産に成ってる
スイスのバラ公園からの景色スイスって意外と小さい国なんですよ
♪ 日本の九州くらいなんですってイメージと違うなア~
外は小雪チラホラ降ってました
人口は約4,000人で、ユネスコ世界遺産に登録されているユングフラウ~アレッチ~ビエッチホルン地域への観光や、
登山・トレッキングの拠点として、夏には主にハイキング・トレッキング目的の観光客、冬はヨーロッパ人のスキー客でにぎわう。
村はアイガーの麓に位置し、氷河の他にも雄大なアルプスの花畑(冬はスキー場)を展望することもできる。
村内には数多くのホテルやレストランがあり、グリンデルヴァルト駅前には日本人スタッフが常駐する日本語観光案内所もある。
ゴンドラやスキー用のリフトは夏でも運転され、様々なルートでU字谷が美しい反対側のラウターブルンネンを訪れることができる。
スイスフランに換金のお話し
1、ユーロからスイスフランへ
  50ユーロー50スイスフラン

2、ドルからスイスフランへ
  100ドル(損)ー90スイスフラン

現地でホテルにて換金の場合
アー楽しかったスイスの旅も明日帰国

4人乗りのリフトで30分掛けて途中ケーブルに熱もつから?休み休み登って行く!!

ケーブルカーの中で昼食を食べる

生憎の天気
ユングラフの山腹を抉るようにアレッチ氷河がその姿を見せる長い年月をかけてゆっくりと
変化し続けてきたのだろうこの大自然が創造したパノラマは圧巻だ
標高約4,807m。フランス側から見ると女性的な「白い山」も、イタリア側では峻険な姿をした「魔の山」です。
モンブランはフランスとイタリアの国境にまたがる山
エギーユ・ドウ・ミディ展望台
天気が良い日はぜひテラス席へ
階段の踏み石に開催地名記入された「名古屋」
地ビール
ホテルの部屋から写す
気圧の変化からくる高山病の一種か?頭がチョット重い様なクラクラ感じでした
ユングフラウヨッホのスフィンクス展望台
 旧市街に点在する「噴水」は、様々な彫刻と意匠が施された色とりどりのもので、美しいベルンの街をいっそう特徴付けています。
大聖堂の正面入り口の彫刻は、「最後の審判」の様子が描かれています。
バラ公園からの階段の道を下っていくと熊公園にたどり着きます。
手前の斜面とプールが熊の生活する空間となっています。

後4時間位で成田へ

到着嬉しや嬉しや!!

ジュネーブ空港より帰国の途へ
2016年リオオリンピック開催時期にスイスに訪れる
ラヴォ―地区駅

氷のトンネル内ツルツルでした