moscow.russia

       ア 
        


       20
10年 4月 NO2

         アエロフロート ロシア航空で
                                                                       

2日目生憎の雨模様の天気 今日は午前中移動日(セルギエフ・ボサードへ)約71km「1時間30分」バス移動。

ドライブインの有料トイレ10ルブル(約40円)

ロシアの国防省!?か  左ドライブインの散水車

行きは金曜日で空いていたが帰りは土曜日で大混乱でした。

到着後セルギエフ・ボサードで昼食(ロシア風サラダ)

ロシアの瓶ビールとウオッカー(飲酒)

昼食はピロシキ ピロシキはどれ!?(キャベツ入りスープ)

白樺の皮で作った絵画

古い都が円を描くように点在する、黄金の環観光へ
ロシア人の建築家の設計

ウスペンスキー寺院


ロシア正教の総本山であり、クレムリンで最も重要な教会とされている
ウスペンスキー寺院 ヘルシンキにも在りました
モスクワの北東部に点在する古い都、それが首飾りが円を描くように位置しているため「黄金の環」と呼ばれる
人口約36万人、1108年にウラジーミル・モノマフ公が小高い丘の上に要塞を造り、自分の名前を与えた「大公国の首都として北東ロシアに輝いた」街。
スズダリ同様に歴史的建造物は、世界遺産に登録されています。街の入り口には、かつて首都の守りを固めていた黄金の門がどっしりと構え、その左右には当時は高さ9mもあったという土塁が続いています。
かつてはロシア正教会の中枢だった大聖堂を中心に、天才イコン画家「アンドレイ・ルブリョフ」の像やドミトリエフスキー聖堂奥の展望台までは、緑の多い整備された公園になっています。
ロシアの世界遺産の中の木造建築博物館
ウラディミルは、モスクワの北東約180kmにある古都。12〜18世紀のウラディミル・スズダリ公国の首都で、ウスペンスキー大聖堂、ドミトリエフスキー聖堂、黄金の門などの建造物が当時の繁栄を物語っている。

昔、懐かしいポットン便所無料です。

修道院は寄進によってロシアで最も裕福な地主の一つに成長していった。
ボクロフスキー修道院
ボクロフスキー女子修道院を訪れる。
男子修道院スパソェフフィミエフ修道院
鐘撞きは毎正時に観光客のために行われているもので、塔の上の20個の鐘を男女のペアーで打っていた。

偶然に中年の結婚式に遭遇

スズダリのスーパマーケット

スズダリの小さいホテル・シャワーのみの風呂(湯船欲しい)

夕食前のビール、ウオッカー美味しかった

ウオッカーとキエフ風カツレツを

早朝ホテル近辺を散策

朝、6時位の風景

小さい町に聖堂や修道院が沢山在りました。道路沿いの痩せた白樺の木

ガソリンスタンドの価格を知る為に写す、リッタ66円〜90円安い

国道沿いの検問、バスドライバーが書類を持って待つ事20分

ロシアではトロリーバスと路面電車が

4日目の昼食、魚フライ料理
豆のスープ、パイのケーキ

レストラン      モスクワへ到着       

モスクワの武器庫

イヴァン雷帝の鐘楼が建っています。高さ80mの鐘楼は、軍事用の監視塔も兼ねていたとか。
イヴァン雷帝の鐘楼
大砲の王様 弾を発射したことは無いそうです。
トロイツカヤ塔と右側はクレムリン大会宮殿
クレムリンの城壁沿いには、赤の広場に面してレーニン廟があり、ソビエト連邦の初代指導者レーニンの遺体が安置されている

モスクワの首都にトロリーバスが

モスクワの自動車はみんな汚かった?現地ガイドは1週間に1度は洗うが
道路が汚れているので直ぐ汚れると言ってました!!
嘘つけ・・・

鐘の皇帝や、大砲の皇帝など

モスクワ空港施設      右、アエロフロートロシア航空

厳しいセキュリティチェックを通り(靴縫いで)写真、指紋は無かった。

サンクトペテルブルク空港到着 モスクワより約1時間
入国審査を過ぎると、バゲージクレームがあります。ここで荷物を取って税関を通れば晴れて入国です
.(夜9時頃)

昔、モスクワよりサンクトペテルブルクへ着たらホットした事を思い出す。

大木が少ない(土に鉄分多い)為 痩せた赤松と白樺が多い
又、高い山(山脈)見受けず。

レストランの貸切ルームで(赤フンドシ)で踊ってました・・・
透かさずシャッター!現地ガイド写真禁止と言ってました

ウオッカー42度?直ぐ酔い覚める・・・生演奏生歌あり!
スモークサーモン、チキンのマッシュルームソースがけ

サンクトペテルブルクのレストラン前、夜10時頃此れからホテルへ

サンクトペテルブルクのホテル 湯船在りホットする(3連泊)

約25年前も同じホテルに宿泊する、ホテル前の景色で分かる。


ロシア旅行記 第3掌編へ つづく

レストランの入り口にて

夜の9時頃です(もう直ぐ白夜)の時期です
6月15日〜7月末迄?

モスクワよりサンクトペテルブルクへ向かいます
機内で軽食出る1時間の飛行で


モスクワ市内風景

このスタンドGS高い、リッター88〜96円

25年前、主婦が商店に2時間並んで今日は何も買えなかった明日又並んで
買えれば良いと言った時代でした。

ソビエト崩壊時アパートに住んでいた人たちは、アパート貰ったそうです
又、自動車持ってる人郊外に車庫貰ったそうですが不便で使っていない

ロシアは光熱費安いそうです。天然ガス豊富で使い放題、電気代も安いそうです

ロシアは付加価値税23%だそうです
外税でした。

世界文化遺産

売店

右、新婚さんがダンスを披露

ロジェストヴェンスキー聖堂

右、女子修道院

朝散歩時気温0度位(寒かった)

道路沿いの白樺の木と、赤松の木

モスクワの武器庫

モスクワは新型の世界各社の車が走っていました。

ウスペンスキー寺院

すばらしお宝等が納められている武器庫

ロシアの建物隣と境界線在りません(1寸の隙間も)何故かと言うと建物同士でささい在ってる、1件壊すと皆崩壊するそうです(地盤が弱い為)