綺麗な花壇

運河

ヨーロッパ人の主食(イモ類)毎食出て飽きてくる、食後はアイスクリームかケーキ出る

運河クルーズ(乗船)で運河に囲まれた美しい町を廻る  雨で着物濡れる

地ビール(サクランボ)不味かった

   暖炉有り

      ぺギン会修道院

    小雨で喫茶店で暖をとる、

    小便小僧と記念写真

世界3大ガッカリの一つ小便小僧
想像していたより小さいのにガッカリ


             四季折々に美しさを変える華麗なグランパス

フランスパン配達中              犬と散歩中の叔父さんとヒゲ対決 

3日目  ブリュセル   ゲント   ブルージュ

      夕食                              フランドル風カルボナード

公園の噴水は落差を利用して自噴している        良くぞ目ずまりシナイものだ関心

     広い庭園                           手入れも大変だろう

アンヌボワ城の庭園が新緑に染まれば綺麗        黒鳥が我われを迎えてくれる

地ビール2,5ユーロ(小瓶日本円約360円)         このグラス一杯360円高い 乾杯  

ノートル の意味(我われの) ダムの 意味(聖母マリア)

ディナン   丘の上からのシデタル  ノートルダム教会前の広場からケーブルカーで登る。

初日ホテル  早朝6時「日の出7時40分」(日本時間PM13時)時差ぼけで眠れず散歩に出掛ける。


2日目 ベルギー アンデンヌ地方と古城巡り

                「燃料特別付加運賃」の出受について

さて、航空会社におきましては、昨今の世界的な航空燃料価格の高騰を受け、
 燃料特別付加運賃(以下、燃料サーチャージ)を設定し、国土交通省に申請
認可される。案内(最終日程表)にて当該料金を「空港施設利用料 (国内) 
 と共にお知らせし、ご出発空港にて 集金することになる。

1、「燃料特別付加運賃」収受期間:
2005年4月1日から廃止まで                  
2、燃料サーチャージ:利用航空会社・区間・為替毎に異なりますのであくまでも
   参考にしてください。
5000円〜7000円(お一人様あたり大人・子供同額)
3、
合計13、590円徴収される。(航空会社の都合で径由されて航空税取られ不満)

関西国際空港発経由地(イギリス)迄約9500KM飛行時間約12時間ハバロスク、シベリア上空
飛行、速度850K、高度11000M、外気温約マイナス70度、ロンドン〜ブリュセル間約1、30分
時間、
05年1月(スペイン)と同様に05年4月(オランダ)も飛行1時間に前到着あわただしかった。
但し今回はサンダバードとはるかの遅れ約15分間。 

プロフィ|ル

国名/  ネーデルランド大国
公用語/オランダ語
政体/  立憲君主制
人口/  約1、560万人
面積/  約4万1864ku
時差/   日本より7時間遅い

一面に咲くチューリプ
ゴーダやエダムといった
丸くて大きなチーズ、
そして風車。オランダ
の印象として、この3つ
が揚げられることが多い。
確かに、チューリップは
オランダの代表的な輸出
品だが、この国を訪れたら
観て欲しいものが、もっと
一杯ある。レンブランド、
フエルメール、ゴッホと
いったオランダ生まれの
画家たちの絵画、デルフト
やマッカムといった陶器で
有名な小さな町、歴史的
要所マーストリヒトなどなど。
そして、低地王国オランダ
は、自然を感じる事が出来る

春終われば1年掛けて土作りを来年に向けて行うそうです。

15世紀はじめ、ヤコバ伯爵夫人
の狩りの館として使われた「キュ
ーケンホフ公園」。50年ほど前に
球根花の野外展示場として生ま
れ変わり、今では東京・日比谷
公園の約2倍という広大な敷地
に、チューリップやヒヤシンスなど
約6000万株の花がはき誇って
います。開催中はチューリップを
はじめとする春の花々が咲き乱
れ、その時期ならではの花の
パレードも開催されます。

キューケンホフ公園


      オランダベルギーツアーベストセラー
     
人気都市や美術館巡り



ブリュッセル  ゲント  ブルージュ  アントワープ  ハーグ  アムステルダム!

   
マウリッツハイス美術館  クレラーミューラー美術館  国立美術館