通勤ラッシュ時

マルマラ海
ベットが狭くて落ちそうでした。

トルコ 大周遊 9日間

何時も思うが…重機の無い時代に良く建てと関心する
トルコのスイカ本当に美味しい
寺院内の楓の木、古い程亀裂が入ってました?
綺麗な花 名前忘れた
グラス一杯のビール5TL高い
当日は天気が良くて気温高く 風が当たって気持ち良かった
8時~11時までマルマラ海を
オプショナルツアー\8,000円このコースは価値あり
モスク入場は女性は髪にスカーフを
旧市街

ヴァレンス水道橋、ローマ時代378年に完成した

8000円高のアップホテル(マリオネット)ヤッパリ豪華!

我々の宿泊のホテル
米トランプ大統領のビルが有りました
夜ベリーダンスディナーショーオプショナルツアー参加者と2組に分かれる
バーダッド通りを散策
何処の国も路面電車が豪華に
橋上から眺めが良かった

2016年に完成した海底トンネル道路が開通しアクセスが良くなる

2階建てバストルコにも

バーダック通リで自由散策、つまらない通りでした。

甘そうで手付けず

ナンだけ食べて殆ど残す、何時もの事です

ナン久し振りに食べる 美味しかった

トルコの人口は7500万人でシリアからの難民で8000万人?成ってるかもと言ってました

   no4 turkish
魅惑の街イスタンブールの観光の目玉にもなっているのが、
通称"ブルーモスク"と言 われている
伝説の中では木製の巨大な馬
」トロイの木馬」が、10年にも及ぶ
ギリシャ軍とトロイ軍の戦争を
終結させる要因となった。
数々の言い伝えがあるこの地を
訪ねる前に、トロイの歴史物語を
読んでみては・・・。
私が、トロイ軍の主領だーダー

関空迄後一時間で到着です、今夜中に我が家に帰れると好いな~




NO4 最終編 

マルマラ海はトルコのアジア側と ヨーロッパ側の間にある
薔薇の花ことばは「愛」
マルマラ海
東西文明の十字路といわれるトルコ。その首都イスタンブールは
ビザンティン帝国の都、 オスマン帝国の都でもありました

生涯をテーマにしたモザイク画

2017年5月31日~6月8日

トプカプ宮殿豪華デスネ~

モスク内模型

米トランプ大統領ビルイスタンブールにも有り
旅行に含んだ標準のホテル
美術館リホーム中
建設ラッシュ
ドライブイン
早朝ホテル近辺を散策
       関空➡トルコ間 飛行距離約8500km
7日間でバスでの移動約3500kmです
6時間位疲れて寝て居たら後2時間で仁川空港嬉しや嬉しや
要塞名前忘れた・・・
水道橋
オスマン帝国が栄華を誇った17世紀はじめに
アフメット1世によって建てられたイスラム寺院
一般に、聖ソフィア聖堂という
トルコのイスタンブールを代表する モスクで、世界遺産である
イスタンブール歴史地域の歴史的建造物群
ブルー・モスク内部
オプションツアー「ボスポラス海峡クルーズ」8000円
イスタンブール宿泊ホテル
旅行中の初の本格的な雨 バスで移動中で良かった!