プエルトナタレスのレストラン(昼食)

人っけの無い静かな街

南米大陸最南端の都市で、マゼラン海峡に沿った街

チリ側セロ・カスティージョで大型から小型バスに乗り換え

天気が目まぐるしく変わった居ました

未舗装の悪路を直走り

アルゼンチンの国旗が強い風に

デザートの何だっけな?

時々変わる天候


氷河デスネ~

日頃自宅でも肉が好まず、旅に出ると良く出て困る

ペリトモレノ氷河観光へ

圧倒される迫力 5分に一度崩壊有るそうです

NO3 終わり

許されるものなら登って見たい(氷河の上を歩きたい)

羊飼いの酪農家

悪路を移動日、辛かった


国境付近撮影禁止手前で写す

このバスで観光

早朝のホテル近辺の様子

氷河を後に集合場所へ

氷河の上を歩いてみたい心境

寒さも感じず夢中

午後は違った角度から氷河鑑賞

フラミンゴ、白鳥もいました

プエルトバンデラ港に到着

船内で昼食

飲まない女性のワインを貰って上機嫌

船員崩落氷を拾って見せてくれる

早速頂きます~ アー美味しい!

面積:250 km²

ペリト・モレノ氷河とは、南アメリカ大陸の南端部に存在する、氷河の1つである。
この氷河は観光名所の1つとしても知られている。

青色が美しいですネ~  空気が無い部分が青い?だったと思う

私が、今迄に見た氷河より高さが低い

湖よりのペリトモレノ氷河

雲行きが怪しく成って来る

コーヒータイム

進行する湖の説明中

操舵室

VIPシートでペリトモレノ氷河を散策

昔の農具が展示

雲行きが変わって来る

湖にはフラミンゴが

ペリトモレノ  氷河 フィツロイ観光  ロスグラシアス国立公園 バイネ国立公園

生憎崩壊のシーン見れず



チリ側カンチャ・カレラの国境でこのバス、ガイド、交代で観光

酪農家

高台から見る迫力

近くから見ると迫力が違う

小雨に成る

リトモレノ氷河へ向かう途中雨に会う

ロスグラシアス国立公園

no3   6日目

この青の美しさ(圧縮された氷の部分(湖底には10倍の氷が??)

虹が隅から隅まで見える広い大地

1日大移動の日カンチャ・カレラ国境付近(アルゼンチン→チリ

展望台より (ペリトモレノ氷河

雷と同じ音が先に聞こえる

歴史館と大聖堂を見学

マゼラン先住民族の足に触れると幸運が訪れる!写真撮るの忘れ!!

アラスカの氷河より高さが違う

風強く白波が

湖からのペリトモレノ氷河観光は終わり


船内でカボチャのスープとパン?食べる美味しかった

湖からの氷河さらば

手漕ぎのボートで来てました

ロステンパノス水路

3連泊のホテル横

スーパーマーケットと言っても品数少ない、購入者が正札と違うと揉めてました

未舗装道路で辛かった!

日干し煉瓦も変わてました

パタゴニアの氷河の看板

横から見た氷河

2重の虹

虹が端から端まで見えました

小型船舶操縦士100㎡位迄近寄ってくれる