何故一定の差で成長が止まったか?昔、樹木の皮を剥ぎ屋根材や内部の柔らかい部分を紐などに使う

ヤシの実の採り方の実演


村に深井戸有ったが5M位では塩分水

大統領官邸(ボス)の寝室

バオバブとキツネザルに出合う8日間・新規就航エチオピア航空

ベタニア漁村の裕福な家仕切って横隣りに有りました

NO2

手漕ぎボート修理中

漁船の製造中

学校1部屋あったが勉強してる様子無し、6割以上学校へ行って無い(義務教育)出ない為教材は自分で買う

ベタニア漁村には12,000人が住んでる、教会や学校も整えて有りました
野球場5個位の広さに

観光客の公衆トイレ、ヤシの葉で囲いをしてあるだけ

ボスの家のキッチンです

引き潮の為遠廻りしてベタニア漁村へ

マングローブ林

昔ながらの手漕ぎボート・ピロークにてベタニア漁村訪問

洗濯物を生垣に干してる

路上で豚を絞め殺し所

ホテルのプール奥は海水浴場

モロダンバ2日目の朝食

子供たちが持っていたカメレオン、チップをやって写す

地ビール大瓶7000アリアリ約280円安い

民家

バオバブの木皮を採った後、殆どの木こんな状態でした

マダガスカルでは牛をヤガと呼ぶヤギの事聞いたが忘れた

現地の子供たちが一杯寄って来る

盗み撮り

自撮りで

樹齢5~600年だそうです

一番密集してる場所

いよいよバオバブの木

ベタニア漁村のボス大統領官邸に挨拶を代表して私が煙草をお土産に!!

バオバブの木は点々と密集してない不思議です

こけしを見ていたらいつの間にか夕日が慌てて撮影

子供の持っていたカメレオン、チップ遣って写す

マ ダ ガ ス カ 

子供たちにはお菓子をやる、     お兄ちゃんたちにはビールを差し上げる

マダガスカル海峡

ホテルのフロントへ通じる通路

部屋には蚊帳が張ってありました、懐かしい子供の頃蚊帳の中で良く遊んだものです

チップやったらCD買ってと聞いたら高い止める

恋人のバオバブの木、右が男性左が女性だそうです

雨飴くれと寄って来る
現地の子だも達6割が学校へ行って無い義務教育で無い為

銘々がベストの場所で撮影

太さを測ってます

飛行機到着が遅れて夕日の風景

マダガスカルでは牛の事をヤギと呼ぶそうです

幾つもの村を抜けて行く

トヨタの4WD5台でバオバブの木の所へ

モロンダバ到着(トヨタ4WD迎えに5台来てる

いい歳して木登りしてます 気が若いネ~

バオバブの木密集地

初日のホテルで夕食

ホテルのトイレト洗面台

「愛しあうバオバブ」

食あたり防止の為小食

現地の舞踊や歌演奏

参加者の皆様の一部

午後5時30分位

成田空港発➡エチオピア(アフリカ)で乗り継ぎ長い長い飛行時間(約17時間)未だマダカスカル迄6時間疲れた!
NO2