ハイ・

関西空港発PM6:50分発 ハノイ着PM22:25 日本時間(AM12:25分) 時差2時間

大阪→福岡→上海→広州
→武漢→香港→上空飛行 ハノイ着 (飛行時間約5時間30分)

飛行距離約4100km 速度約650km 高度10900km 外気温マイナス40〜50度

 
ハノイ空港の入国審査時の出来事、皆んな行列で審査を待っているとき、韓国人20名審査官を
先頭に通過するでわ無いか。不思議と思っていたら、
ワイロを1名1ドル出して待たずに入国
パ−スポート集めて入国印だけ押していました。
日本の添乗員にも誘いが在るそうです。
日本人は断っているとの事。

ハノイ タイロンホテル
    2泊連泊          

      フォー・ボー
ベトナム全土で食べられるフォーは
ハノイが本場。半生ビーフとオニオン
ライスの具が最もポピュラー。

フォー・ボーが美味しいので麺を
  2個入れてお変わりしていました。

一人部屋(別途26000円)

ホテルの庭園

地球儀が回転してます〔水の力で)

ホテル横の湖

ハノイ(タイロンホテル)

このバスで観光へ

OADで日本の大林組が建設中

朝の通勤風景

朝8時ごろの風景・子供達は学校が6時45分〜11時30分迄でとの事。

人口が多い為午前と午後に分かれている。

陶磁器の村バッチャン

ハノイの町を出てホン川を渡り、車で30分
未舗装の道を揺られてバッチャン村到着。

殆んどの人は枯葉剤の障害者です。五時まで
仕事、会社で夕食を食べて自宅へ帰る。

水牛に乗ってガッツポーズ
$1ドル(約125円)

歩道一杯に路上販売しています。

お土産やさんの石材工場

オートバイ屋さん、ハノイに300万台のバイク在るそうです。価格は10〜15万円するそうです。
ホンダが一番人気ヤマハ,スズキ、中国のホンダのコピー車半額で買えるが直ぐ壊れるそうです。

墓地

遊覧船料金版
141,000~155,000ドン
$US8〜10ドル〔食事別途)

船着場

船から船を渡って乗船する

乗船して直ぐ乾杯

チャー・ゾー 豚挽き肉、春雨、
キクラゲをライスペーパ巻いて揚げた春巻。

        ゲー・ハップ
甲羅に白い斑点蒸し花ガニ、小ぶりのカニだが、
足まで身が詰まっている。塩コショウで食べる。

青い海面から大小幾千もの奇岩がそそり立つハロン湾

そもそもハロン湾とは"龍が降りる地”という意味。

その風光目媚な光景はまさに"海の桂林”そのものだ。

奇岩の間を縫うように廻るハロン湾クルーズ観光のハイライト。

観光の起点となるのはバイチャとホンガイという2つ町だが、船はバイチャ側から出る。

さらに階段を上って、ティエンクン鍾乳洞の中に入る。ここは、鍾乳洞の中に
ぽっかりと天に向かって開いた穴があり、それが天国につながっていると
信じられていたことから、ティエンクン(「天宮」の意)と呼ばれているそうだ。
船がさらにハロン湾の奥深く進んでいくと、切り立った岩山が一段と増え、「海の桂林」と喩えられる墨絵の
ような世界が一層色濃くなっていった。半透明のエメラルドグリーンの鏡のような水面も神秘的だ。
さすがに世界遺産に指定されるだけのことはあって、その景観は素晴らしいの一言。
ここは中国の資金で観光用に整備されたらしい。そのせいかどうかは知らないが、鍾乳洞の中は、
ブルーやグリーンのド派手なライトアップで、中国風味に装飾されている。

ジュース、コーカコーラ7,000〜10,000ドン
US$0,5^0,7セント日本円約¥50〜70円

歓迎国旗日本の旗真ん中

公園の噴水

一桂寺 1049年建造

2日目の私の朝食 パン,お粥、
バイキングの為に少なめに取ってきて
何回もお代わりする事に。

有料道路料金所

ハノイのタクシー1km初乗り16000ドン〜から。
ホーチミンでは多く走っていて、困ることはない
ハノイ、カンボジアは少ない。

    シクロ 
自転車の前に座席を付けた人力車
料金行き先によって? 1か所行くのに
15000〜20000ドン 日本円120~150円

観光客やお祈りをする人たちで、池の周辺は
賑わっていた。 ハスの花が浮かぶ池の上に建ち、
1本の柱だけで支えている珍しいお寺だ。
11世紀の半ばに、
子宝に恵まれなかったリータイトン王
が、悲母観音の夢を見た後、
子供に恵まれたことに感謝の意をこめて建てられたと
言う逸話が残されている。
ホーチミン廟とバーディン広場を挟んで反対側にあるのが、国会議事堂である。
 この国会議事堂の裏手に、
新国会議事堂を建設しようと思ったら、なんと!
巨大な遺跡が見つかって、大騒ぎになったそうです。

バーディン広場への立ち入りは自由ですが、ホーチミン廟に入れるのは
午前中の決められた時間だけです常に衛兵が立っていて、
あまり廟に近づきすぎると怒られるので注意が必要です
(線が引かれています)。なおホーチミン廟の横に掲げられている
大きな文字の意味は「ようこそホーチミン廟へ」ではなく、
「ベトナム社会主義共和国万歳」です。

ホチミン廟 ベトナムの南北統一に生涯をかけたホー・チ・ミン主席の遺体が安置
されている廟。ベトナム戦争が終結した1975年、建国記念日に合わせて建設された。

ハノイ市内の風景

ホアンキエム湖   ハノイの中心部に位置する南北に長い湖。
ベトナム語では「還剣湖」 という意味で、レー・ロイが明軍を破り独立を
回復した際の伝説に由来している。

湖には2つの小島には、「亀の塔」 といわれる8角形の塔が立ってている。

水上人形劇の人形や仮面
劇の歴史は1000年前からと古く、
ハノイ近隣の農民が祭りの際、
池や湖で上演していたもの。

人形劇場付近の売り子の様子。

  ナンジャー  この配線!?
そこらじゅうでこんな電柱よく見る

ハイネケンビール(小瓶)US$3ドル
高い!!日本円約\375円

餃子のスープ

昼食

市場の陳列風景

果物美味しそうでした
チョムチョム、フォイ、タンロン、
マンカウ、その他色々。

麺類 フォー・ボーを
   路上で食べていました

間口3mの家々 子供増えると上へ増築するそうです。

工業団地 日本企業一杯進出しています。

3日目午後 ハノイ発→空路シェムリアップ(カンボジア)ヘ
           〔飛行時間約1時間〕

ホテルの流れる池

ボート船着場

鍾乳洞

ハノイ空港の待合室

ベトナム人は小柄の為トイレ位置低い

ハノイ空港のラウンジ 私のラウンジパース使用できず。

ハノイ空港は歩いて乗り降りする。

さらば ベトナム(ハノイ) よ 又、会う日迄!!

情報

1、ハノイは消費税と呼ばず、追加税が10%課税されるそうです。
   現地ガイドさんは本当に困って入ると話していました。
2、ガソリンは日本と違い 1リッタ¥90円位している。(07/1現在)
   12月より3円安、物価や給料とアンバランス??本当かな!!
3、交通事情は左ハンドル、右通行。
4、自動車やオートバイのクラクションの音騒々しい。
5、
市内バス 乗り放題5000ドン 日本円\38円
6、ニネラルウオーターは5000〜8000ドン

7、缶コーラ60円ぐらい。
8、タバコは100〜150円〔マルコポーロ)
9、平均家族は5人位。
10、時差は日本より2時間遅い。
11、日本と違い、旧宗主国フランスのルールに従って右側通行。
12、信号機ほとんど無いので、横断には注意が必要。

地ビール333と書いてバババと呼ぶ

今夜のパーティーの準備中

トンニャツト宮殿の宴会室

内閣会議室

トンニャト宮殿の庭より噴水台及びレズアン通りを望む。

オールドマーケット前の5時からの屋台の準備