ケープタウンの魅力

          no3 南部アフリカの
     
        
世界遺産

自然と人類が創り
あげた宝庫と出う

カーステンボッシュ植物園

ラムサール条約の登録湿地でもある「グレーター・セントルシア湿潤公園」、カーステンボッシュ国立植物園がある「ケープ・フローラル地方の保護地域」の2つの自然遺産、人類学上や考古学上きわめて重要な「スタークフォンテン、スワークランズ、クロームドラーイと周辺の人類化石遺跡」、人種差別や人権抑圧などの苦難を乗り越え民主主義と自由を勝ち取った象徴である「ロベン島」、広大なサバンナの自然とかつての王国の遺跡とが調和した「マプングブウェの文化的景観」の3つの文化遺産、そして、雄大な自然景観と先住民サン族の岩壁画を誇る「オカシュランバ・ドラケンスバーグ公園」の複合遺産と多様です

南アフリカ共和国は、1997年10月に世界遺産条約を締約し、
現在、6つの世界遺産がユネスコの世界遺産リストに登録されています。

自然と文化のバランス、地球の奇跡と人類の遺跡、南アフリカは、世界遺産学の宝庫です。
南アフリカは、驚きと感動に満ちた時空を超えた魅力ある旅を私たちに誘います。


この植物園はテーブルマウンテンの南斜面にあり、
敷地面積528haという世界最大規模の植物園である。

何か撮影会遣っていました,すかさずシャッターを

テーブルマウンテンとカーステンボッシュ植物園

花の時期だったら最高に綺麗と思う!?

同行者一同の記念写真

ステンボッシュヘ。ワインで有名な

一面ブドウ畑

バラ

アジサイ

ブドウ畑

ワイン樽(カシの木)

ステンボッシュ市内

ケープタウンよりテーブルマウンテンを

アフリカ人はきようなのか!?人形や彫り物展示してあり

南アフリカ特有の品種ピノタージュはピノ・ノワールとサンソーを交配して
できたもので程よいコクとスパイシーさをもつワインになります

世界中 日本食ブーム 此処アフリカでもスーパに寿司展示販売

アフリカではタクシーは少ない
イギリス出良く使用されている
馬車を手本にしたタクシー

アフリカではでは相乗りタクシー
一番人気

どんどん天気悪化してきる

貧困家庭の団地 ワールドカップに向けて(2010年)壊してアパートに
入居して貰う予定!!??

レストランの裏の池       あさがお

茅葺屋根を張り替えていました

ワイン試飲後の昼食

ワイン工場見学

ワイン樽は4年間使用するそうです

一番安くて27ラウンド(約500円)
高いので60ランド(約1100円)

寿司バーが在りました
高そうでした!!

どんどん天気悪くなってくる、昨日テーブルマウンテン観光して正解

ホテルの洗面所

ホテルの部屋よりテーブルマウンテン

夕食はホテルで

黒人は陽気で明るい

8日目は小雨でしたが日中は何とか持つ

ケープタウン最大のショッピングセンター

この船でケープ半島観光
            アザラシの島への遊覧クルーズ

お土産店でトイレ借りる

チップを弾んで記念写真

喜望峰へのケーブルカー発着場

中間点ですり替え

喜望峰のお土産店

インド洋と大西洋との分岐点

喜望峰灯台

喜望峰(きぼうほう、葡:Cabo da Boa Esperanca)は南アフリカ共和国にあるアフリカ大陸の最南端と誤解されがちだが、実際にはここから東南東へ約150km離れているアガラス(アグラス)岬(英語名:Cape Agulhas 、アフリカーンス語名:Kaap Agulhas)がアフリカ大陸最南端である

ケープポイントから喜望峰まで50分のハイキング

時間30分在ったので灯台の反対側へ行ってくる

アフリカペンギンの生息するボルダースビーチにて

至る所でペンギンが穴を掘って卵??

日中は曇りながら雨に会わず、夜まで持って欲しい

昼食のレストランにて本日新鮮な牡蠣と海老が在ります、如何ですか!!
4〜5人注文する。 出て来た牡蠣日本では考えられない!?身のちさい
牡蠣では無いか、日本の本場の広島のオバチャンがこんな牡蠣いまだ勝手
食べたこと無いとプンプンでした。

手前の黒いのは、ガイドの説明では若布だそうです、私たちには昆布に見え
ました其れほど大きいかったです。アフリカ人は若布を食べないそうです

アザラシの島

2000頭のアザラシが生息

ケープ半島

海軍の推薦一号の犬銅像に

英語表記では「Cape of Good Hope」であるので「希望岬」と言うこともできそうであり、中国語では「好望角」と表記する。実のところ、「喜望峰」が一般呼称として定着したのは、誤植によるものと考えられている

クールがー元大統領が暮らしたポールクルーガハウス

カーステンボッシュ植物園

山あり海あり良い所でした

噴水とバラ

今でも振りそうな天気になってくる

ミニハイキング終わって記念写真撮影ポツポツと雨降り出す

去らば喜望峰よ!!

帰りぎはダチョウの群れに遭遇

写真では見難いが足が赤いは繁殖期のダチョウです

最終日の日本食は本当に美味しかったです
久しぶりに焼酎で乾杯!!

ケープタウンの日本食店
フジヤマ

空路ヨハネスブルクへ
(約2時間の飛行)

辛いつらい移動日

 ヨハネスブルクより

香港へ(11,400km)
帰りは少し早い約12時間
 
2007年3月

ビクトリア・アルフレッド・ウォーターフフロントテーブル湾に面した港で、
ショッピング・センター、レストラン、
ホテルなどが集まるケープタウンの新しい観光スポットである。

鉱業はダイヤモンドプラチナウラン鉄鉱石石炭クロムマンガン石綿石油の産出は無い。工業は食品製鉄化学繊維自動車等。豊富な鉱物資源を誇り、特に金は世界の産出量の半分を占める。この豊富な産金力を背景にクルーガーランド金貨を発行していたが、現在は限定品としてのみ僅かに販売されている。

2010年に、FIFAワールドカップが開催されることが
決定している。アフリカで初めての開催となる

2005年GDPは4.9%(増?)と好景気が安定的に持続している。南アフリカ共和国の通貨、ランドも2003年来、対米ドルで上昇傾向にある。現在日本国内で南アフリカランド建ての外貨預金を商品化しているのはスタンダードチャータード銀行とイーバンク銀行の2行

夕食を終え外へ出ると雨降っていました。最後の観光は
残念ながら!?誰もが無理と分かる気象(旅行社)は
シグナルヒルよりケープタウンの美くし夜景を見に行きます。
帰国後の苦情を心配して、シグナルヒルの山頂へ視界10m
夜景は見えず、旅行社はお客さんに納得させて、ホテルへ